徒然ドライビング日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
家 Vol7
基礎の生コン打設です。

ベタ基礎なので通常は2回打ちらしい。
当家も2回打ちになってしまった。
できればベタ部分と立ち上がり部分を一回で打ってほしかったけど、知らぬ間にベタ部分を打たれてました。
ビックリ。
連絡ほしいですね。
鉄筋の確認もしてないし・・・
”写真撮った”とかそういう問題じゃないと思うんだけど。
個人的には、打ち繋ぎは嫌いです。
くっついてるようで、くっついていないもんです。
1mmの隙間があればシロアリは進入してきますし、応力集中もするし。

以前の仕事でコンクリート基礎は散々見てきたので、細かくチェックしたかったのに

で、慌てて立ち上がり部分は、打たれる前に確認してきました。
土曜日に。

アンカーは、田植え式では無く先入れ式としてフックは鉄筋に引っ掛けるよう指示しました。
(大型機械設備の場合は、アンカーと鉄筋を溶接します)
また、ホールダウンアンカーが1本も無かったので4角だけでも入れてもらいました。(最低ラインです)
2×4では通常入れないらしいけど(今まで入れたこと無いと言ってた)、気持ち悪いです。
(ちょっと大袈裟ですが、できれば2階まで通してほしい)
あと、かぶり代もきちんと調整するようお願いしました。
その他は、大丈夫そうです。
ユニット鉄筋使ってて設計より細かいピッチ(@300→@250)だし、繋ぎ目も400mm程度重ねてあるし。
コーナー部分もしっかり鉄筋が入っていました。
養生期間は7日以上という指示も出しました(寒いのでこれも最低ライン)

あと、打設後はシート養生してくれてあれば良いと思います。
最低気温が氷点下になる季節なのに一回目の時は、シート養生してなくて驚いた。
凍害は受けていないようだったので大丈夫だと思うけど、しっかりやってほしいです。
生コンは一発勝負!
仕事終ったら、見に行ってみます。

スポンサーサイト
地鎮祭
土曜日に行いました。
無事に式は終り、”いよいよ”という感じです。

神主ってのに、初めてお世話になりました。
地元には、有名神社がありますが玉串料が一般的な数値の倍するらしい。
しかもタクシー代が別途かかるとか。(終るまで待たせているらしいし)
てなことで、棟梁の知合いにお願いしました。
七五三でお忙しい中、ありがとうございました。

地鎮祭の時には晴れ間が出てよかったのですが、朝まで降った雨のおかげでグチャグチャです。
で、長男はせっせと”泥団子”作り
その手で触ったら、ゲンコツ10発!!

地縄張りをして、建物の位置関係を確認しました。
勝手口側に車を入れるようにしたので、全体的に玄関側へ移動しました。
玄関のアプローチが狭くなりましたが、通路としては足ります。
隣の敷地とは、低めの柵でも立てます。
一つ気になることが
勝手口駐車場の屋根ですが雨や雪が隣の敷地へ入ってしまうような気がする。
ちょっと工夫が必要です。→設計士に考えてもらおう。

あと、思ったより庭が広いので、シビックを好きに置けてしまう。
当初、建物と平行に置いて庭を稼ごうと思っていたけど直角に置いても大丈夫だ。
もう少し、悩もう。


が凍るようになりました。
フロントガラスを掻くか、溶かすまで発進できない寒さになりました。

てなことで、本年度のスクーターは営業終了です。


NUTEC 最高です
現時点で、No.1です。自分の中で
家 vol6
昨日、設計士と打合せをした。

詳細な段階に入って、金額は最終的なものが出ました。
細かな仕様は↓な感じ

<外装>
ジョリパットのコテムラ仕上げ
屋根は板金(まだ未定)

<1F内装>
LD及び廊下とトイレは、無垢のフローリング+珪藻土の壁と天井で統一
LDの天井は梁を見せ、梁・床・窓の色は統一感を出す。
洋室(来客用)は合板のフローリング+クロスの壁と天井
洗面脱衣所は板張り+塗装(山小屋のイメージ)
洗面カウンターはタイル
玄関、キッチン、洗面脱衣所の床はテラコッタタイル
キッチンの壁は、珪藻土+一部クロス

<2F内装>
床は全面合板
子供らの部屋とトイレは、壁は塗装で天井は板張り
寝室の壁は、塗装用のクロス(天然紙で10回程度まで重ね塗りが可能)
納戸やクローゼットは全面板張り
階段の手すりはシンプル形状の木

<その他>
外断熱仕様
1Fウッドデッキ及び2Fベランダ、窓枠は統一(材質、色)
勝手口側に車を入れられるように(屋根もこちら側へ)
シビック用の駐車場はコンクリート打設
ニッチを付けたり、ガラスをはめ込んだり、所々に遊びを
収納スペース内は棚やポールハンガーを作り付け

<施主支給>
1、玄関ドア
2、照明器具
3、エコキュート(温水器)
4、エコヌクール(パネル暖房器)
5、システムキッチン+IH
6、ユニットバス
7、屋根工事
8、便器&便座

設計士の見積りで上記の総額は、約500万円です。
これを400切る価格で仕入れる予定(目標350で、現時点で370まできた)
やっぱ、オール電化は設備費高いですね。
”脱灯油宣言”したので仕方ないけど・・・

こんな感じの仕様で価格は
建築費:1400(交渉中)
設計費:50(決定)
設備費:370(交渉中)
合計 :1820
上記全て税込みです。
床面積は約42坪なので、1820÷42=43.333円/坪
う~っん、目標の40には届かないか。
あと、140万も下げることはさすがに厳しいっす。
税抜きだと、、、41.3くらい か。
残念!!

世の中的には安い方なんだろうな~
メーカーでこれやろうと思うと坪単価で50~60は、するはずだから2100~2520万くらいかかるわけだ。
設計費も平均的に5%くらい取るらしいし

あと、雑費が結構かかるんですよね。
下水道負担金
水道加入金
印紙代
保険
地鎮祭や上棟式
ローン手数料 等々
ざっと50万くらい。
登記費用は設計費に含んでもらいました。

で、土地代まで含んだ総合計は
約2700万円

オッカネェ~



家 vol5
この週末は、暖房及び玄関ドアの打合せしました。

まずは暖房
方向変わりました。
エコヌクール+パネルヒーター です。
エコヌクールでファンコンベクターは、できないと判明
どうも設計士は勘違いしているな。頼むよ。

メーカーに行って打合せしたので、間違いない情報としてエコヌクールの場合、
パネルヒーター&床暖房の組合せがベストになります。
ファンコンベクターを使用するには、灯油又はガスボイラーでないと無理なんです。
理由はエコヌクールでは、高温を沸かすことができないから。
ファンコンベクターには、高温水が必要です。(65℃の温風出るので)

ヒートポンプの冷媒の話しをします。
エコキュートと呼んでるヒートポンプはCO2冷媒で、これは高温水を作るのに適しています。
が、冷房用には不向きです。
エコヌクールは代替フロンが冷媒です。
こっちは高温水には適していませんが、冷房にも対応できるのです。
よってエコヌクールは冷暖房できるわけです。

話しを戻して、理想は床暖房ですが、床材には無垢を使用する予定なので止めときます。
間違いなく反るし、隙間が広がる。
無垢対応の低温床暖もあるのですが、値段がねぇ~

てなことで、パネルヒーターによる24時間全館暖房で見積り依頼中。
ランニングコストを含めて。
(この辺の実績として灯油といい勝負のようですが、今の灯油単価だと電気の方が安いかな)


玄関ドアは、ノブと蝶番、鍵を決めて正式見積りを依頼しました。
アンティーク品なので防犯上、鍵は日本製の面白いヤツにしました。
複製不可能な形状です。(手はあるが、相当な設備が必要)
ノブは、”これならサービスで付けます”という物で決定。(アンティーク品)
蝶番は鍵と同メーカーの真鍮品で決めました。
あとは色ですね。
サンプルプレート作ってもらって決めますが、内側は白系で外側は黒系にします。
ポスト口は飾りとして付けておきますが、穴は塞ぎます。(断熱&防犯)
ドアの色に合わせて、真鍮製にするかシルバーのメッキ品(元々付いてた口)にするか選択します。


土地は残金払って、自分の物になりました。
いつでも着工可能です。


役所の建築確認は、どうなってるんだ?
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。